知られていない太陽光発電についての情報もお伝えします 

formats

発電量のメモについて。

null太陽光発電が最近はやりで、ソーラーパネルを家の屋根につけている人もたくさん増えています。
聞いた話ですが、太陽光発電の為のソーラーパネルは半永久的で壊れる事はめったにないそうです。
ということで、原子力発電などに変わって、注目をされているのが太陽光発電と言うわけです。
一度家の屋根につけると、太陽光で発電してくれて毎日の電気料金の役に立ちます。
それから、余った電力に関しては電力会社が買ってくれるそうなので、エコですしお財布にもとっても嬉しいですね。
私の家は十年前に太陽光発電のソーラーパネルを家の屋根に建て替えと同時につける事にしました。
その頃は日本ではあまり、太陽光発電はメジャーではなかったので、どうなる事やらと思いましたが、発電もしっかりソーラーパネルがしてくれて、余った電力も電力会社がしっかり買ってくれます。
壊れる事はないと言われていましたが、家族みんなで毎日のソーラー発電量を専用のノートを作り目もしていました。
すると、ある日を境に発電量がかなり減りました。
曇りや雨の日などは、発電量は、お天気の日よりはもちろん少ないのですが、お天気の日でも雨の日よりも発電量が少ないという日が何日かありました。
業者に確認すると、壊れないからと言われましたが、そのメモの事を言うと一度確認に来る事になり、案の定ソーラーパネルが壊れていました。
これから太陽光発電を考えている方や、すでにしている方も毎日の発電量をメモしておく事を、是非お勧めします。