知られていない太陽光発電についての情報もお伝えします 

formats

失敗しないために

地球温暖化対策として、太陽光を利用したエコでクリーンなエネルギーとしてここ数年で太陽光発電に注目が集まっています。
太陽光発電で作った電気のうち、自宅で使う分以外で余ったものは電力会社に買い取ってもらえるので経済的だし、政府も太陽光発電の設置を推奨しているので国からの補助金を受け取れたり、自治体ごとに独自の補助金制度を設けている自治体もあります。
TVコマーシャルでも太陽光発電をアピールするものをよく見かけるように、10年、15年前に比べ太陽光発電に携わる企業が増えているのでその分設置価格が引き下げられていますし、技術も向上しているので以前よりも効率的に電気を作ることができるようになっているようです。
とはいえ、太陽光発電システムを設置するには初期投資として多額の費用がかかることは否めないので、いかにそれを売電によって回収できるかが太陽光発電で失敗しない為の最大のポイントですよね。
もっとも重要なのはやはり自分の家の屋根が太陽光発電を設置して電気を作るのに向いているかどうかだと思います。
屋根の向き、周りの建物の有無など環境によってパネルによく太陽光が当たるかどうかで発電量が決まるので、やはり向いていない屋根もあるそうです。
我が家は一度見に来てもらったのですが、北向きに少し傾斜している屋根なので設置は難しいと言われました。
次に、どのメーカー、会社で設置してもらうかというのもとても重要ですよね。null
太陽光発電システムの設置はその家の屋根の広さや形などを見て行うオーダーメイドですし、普通の商品のように買ってしまえばおしまい、ではなくその後のアフターメンテナンスも重要で長く使うものです。
だからこそ信頼できる業者に自分の納得するメーカーのパネルを設置してもらうことが大事ですが、それにはやはりいろんな業者やメーカーで話を聞いて見積もりを出してもらい、価格には一体どこまで含んでいるのか、アフターメンテナンス体制はどうなっているのかをよく確認する必要があります。