知られていない太陽光発電についての情報もお伝えします 

Home 太陽光発電を埼玉で検討するなら

太陽光発電を埼玉で検討するなら

埼玉県で太陽光発電を導入する場合にも、補助金などについてきちんと検討しておきたいものです。
太陽光発電は、地球にやさしいエネルギーを利用できるというメリットがありますが、まだまだ導入コストも高いものです。
そうしたコスト負担をなるべく抑えるために、国や県、市区町村などが補助を行っております。
国からの補助はもちろん日本全国どこに住んでいても適用されるわけですがそれぞれの自治体の補助金については、自分の住んでいるところによって大きな違いがあるというのが現状です。
埼玉県の場合は、国からの補助金の他、平成24年4月2日~12月14日までの受付期間で、県からの補助金を受け取ることができます。
太陽電池モジュールの公称最大出力が、2kW以上4kW未満の場合、定額で5万円。
4kW以上の場合で、定額10万円の補助金が支給されることになっています。
しかし、これは予算の消化が早い場合、期限よりも早く終了する可能性もあるものなので、注意が必要です。
また、こちらの期間が終わった後も、引き続き補助金が交付されるような制度が維持されるのかどうかも注目していく必要があります。
こうした県からの補助金のほか、埼玉県では県内のほとんどすべての市町村で、市町村からの補助金を受けとることができます。
こちらのほうも、市町村によって、その金額も申請できる期間もバラバラになっているので、自分の住んでいる地域の情報をチェックする必要があります。
例えばさいたま市の場合には平成25年1月31日までの期間で、3万円/kWの補助金を交付しています。
(上限3.5kW10.5万円まで)補助金の金額は大きくなりがちなので、自分が利用できる補助金をしっかりとチェックしておきたいですね。
埼玉県内の様々な自治体は、それぞれ独自のルールを持って補助金の交付対象を決定しています。
中には、申請件数を制限しているところもあったり、同時にそのほかの条件もクリアすることで、補助金額をアップする制度を用意している自治体もあります。
まずは自分の住んでいる地域の情報をチェックし、その対象内容に合った工事を進めるというのもひとつの方法ですね。
埼玉県には温暖化対策課に太陽光発電情報局埼玉県ソーラー拡大協議会が設置されていて、県からの補助金、各自治体の補助金の内容についての情報を公開しているので、問い合わせてみるのも良いでしょう。