知られていない太陽光発電についての情報もお伝えします 

Home 太陽光発電を大阪で検討する

太陽光発電を大阪で検討する

太陽光発電は、今さまざまな面から注目されています。
まず地球にやさしいエコなエネルギーを利用できるということ。
そして、自分の家で発電した電力を、電力会社に売る「売電」などで、経済的な恩恵も受けられること。
また、太陽光発電システムを導入する際に、国や自治体などからの補助が受けられることもメリットといえるでしょう。
しかし、注意しなくてはならないのが、補助金の額やその内容については、地域によって差があるということです。
大阪で太陽光発電を検討する場合について説明していきます。
まず、大阪府からの補助金は設定されていません
次に検討しなくてはならないのが、市などからの補助金です。
大阪府で大きな都市はやはり大阪市です。
が、大阪市の場合は地方自治体としての補助金は、廃止されています。
国からの補助金があることを理由としていますが、そのほかの地域では、国からの補助金とともに市区町村からの補助金も受けられるところもあるわけなので、ちょっと損な気持ちも持ってしまいそうですね。
ちなみに、同じ大阪府でも、例えば池田市などは、「池田市住宅用太陽光発電システム設置費補助制度」という独自の制度があり、1kW当たり25,000円(上限で125,000円まで)の補助金を受け取ることができます。
同じく大きな都市である岸和田市の場合は「岸和田市太陽光発電システム導入補助事業」として予算が計上されており、1kW当たり25,000円(上限で100,000円まで)の補助金を受けとることができます。
ただし、こうした市町村の補助金制度は、予算の上限が設定されていて、予算消化しだい終了としている場合もありますし、また、上に掲載した例は平成24年度の例となっているので、注意が必要です。
自分が太陽光発電について検討し始めたら、まず国の補助金がどれだけもらえるのか。
そして、自分の住んでいる県、そして市区町村での補助金がどれだけもらえるのかをチェックする必要があります。
大阪府で太陽光発電を検討する場合には、県からの補助金を受け取ることはできませんが、大都市のため、多くの業者から自分に合ったところを選べるというメリットがあります。
また、補助金事業は打ち出していないものの、大阪府は「住宅用太陽光発電設備設置特別融資制度」を用意しています。
設置を進めるために、低金利でのローンを組める制度なので、こちらのほうも検討してみるのがおすすめです。