知られていない太陽光発電についての情報もお伝えします 

formats

愛知の平野は太陽光発電向き

太陽光発電に一番大切な事は、言うまでもなくエネルギーの素である太陽光が、パネルに良く当たる事ですよね。null
地元民として実際に感じる事ですが、愛知県は台風の直撃も全国的に少なく、大雨暴風等の災害も少ない地域です。
また奥には山間部もありますが、名古屋を含む都市部の市街地は、長年かかって日本有数の河川から運ばれた土砂でできた、広大な平野が広がっています。
日本国内には、なかなか山や谷合など、太陽光発電に向かない地形も多いのですが、愛知県はその点太陽光発電システムの設置には、恵まれた地形だと思われます。
また、都市部以外はあまり高層の建物も少なく、一戸建て志向のかたが多いので、ご自宅の屋根に太陽光発電システムを設置されるかたも、この数年ますます増えて来ました。
やはり直接的に停電の被害がなかったとはいえ、311の東北大震災の影響で電力の自給というものに関心を持たれた方が、この地方でも増えたためと思われます。
それに愛知県民は、悪い言い方ではケチとも言われますが、貯蓄の上手な県民だと思います。
節約のために初期投資費を惜しまないというのも、県民性なのかもしれませんね。